探索的データ解析を支援する群分け・個体分け機能

簡単な操作で、データを層別化(群分け)したり個体別に仕分けするデータ処理環境を提供します。 

特定の変数に注目して、その値によってデータを分類する機能で、StatFlexではそれを群分けと呼んでいます。層別化やサブグループ化などと同じ意味です。値(カテゴリー値)による群分けと、仕切り値による群分けがあります。 前者は、性別などの2値変数で群分けする場合、後者は、変数が実数または整数の時に、仕切値(境界値)を指定して群分けします。たとえば、年齢で50歳未満とそれ以上に分ける場合、仕切値に50を登録して群分けします。 

特定の変数に注目して、その値によってデータを分類する機能で、StatFlexではそれを群分けと呼んでいます。層別化やサブグループ化などと同じ意味です。値(カテゴリー値)による群分けと、仕切り値による群分けがあります。 前者は、性別などの2値変数で群分けする場合、後者は、変数が実数または整数の時に、仕切値(境界値)を指定して群分けします。たとえば、年齢で50歳未満とそれ以上に分ける場合、仕切値に50を登録して群分けします。 

群分け機能と立体データシート