統計学習機能

​多標本

(1)母比率を指定した標本抽出、(2)母集団を指定した1標本・2標本・多標本抽出、(3)2変量分布を指定した標本抽出のシミュレーション機能。任意の標本データ数に対して、正規、F、t、2項分布の理論分布を学習可能。ノンパラメトリック統計のMann-Whitney検定の統計量U、Kruskal-Wallis検定の統計量H、スピアマンの相関係数の理論分布にも対応。母集団は、母平均、母標準偏差を指定して、正規乱数、対数正規分布、一様乱数で発生できます。任意形状の特殊乱数を指定して発生すれば、中心極限定理の学習が可能。

統計シミュレーション
2 標本
1 標本
2 変量
統計理論分布の視覚化
統計量 ➡️ 確率

統計理論分布(正規、t、F、χ2、2項)を指定して、統計量⇒確率、確率⇒統計量の計算で、統計量と(累積)確率の関係を理論分布曲線上に表示。

確率 ➡️ 統計量